慰謝料に基準はない

浮気や不倫をしたことによって、権利などを侵害されたことに対する請求として、慰謝料が存在することは確かです。ですが、慰謝料とは何かといわれれば、ここまでのことであることも事実だということを忘れてはいけません。

家慰謝料は認められているものではありますが、明確な基準が存在しないことが重要です。精神的な苦痛を受けたりしたことも請求できる要因となりますが、これを金額で表すことは大変難しいことになるでしょう。財産に対する侵害であれば、損害を請求することは難しくありません。ですが、不貞行為に基づく損害はどれぐらいなのかは、ケースバイケースとなってしまいます。実際に離婚をするのか、それとも別居なのか、円満に暮らしていくために請求するのかといったことでも、判例は大きく異なります。裁判をしたときの結果としても、明確になってこない以上、早期に解決するときに話し合いをするとなれば、さらにケースバイケースになってしまうでしょう。

慰謝料を請求することによって、和解するというケースもあるのは間違いありません。損害が大きくなればなるほど、請求できる慰謝料も大きくはなりますが、そもそも何も基準はないものであることを理解して進めていかなければいけないでしょう。