慰謝料の金額と要因

そもそも慰謝料ということに基準はない以上、いったいどんなことで請求できるのかを考えていかなければいけません。いろいろな条件がかかわってくることになりますが、別居なのか離婚なのかといった状況を招いたことも対象になってくるでしょう。しかし、これだけではありません。もっと多くの事情や状況で変化するのが慰謝料です。

女性あまり知られていないところでは、年齢があげられます。浮気相手との年齢が大きいほど、請求できる金額は大きくなりやすくなります。思慮分別ということが大きなポイントになってきますが、だれが主導権を持って浮気や不倫をしたのかというポイントが注目されるからです。

よく知られているところでは、婚姻期間があげられます。心情や再スタートにもかかわってくる部分であり、長い期間になれば、高額になる可能性が出てくることになるでしょう。だからといって、短いから請求できないことにはなりません。

一体だれに問題があり、浮気や不倫に至ったのかという理由や落ち度といった問題も重要です。自分自身に原因があり、パートナーに浮気や不倫をされたとしても、問題点は自分自身になってしまいます。これでは慰謝料は大きく請求できません。

多くの要因が絡んでくるのが慰謝料であり、単純に決めることができないからこそ、よく考え判断していく必要があるでしょう。